研究|Research


テーマ Theme

森林および河川生態系の食物網における放射性セシウムの移行
Radiocesium transfer through food webs in forest and river ecosystems

キーワード Keywords

放射性物質 / 放射性セシウム / 137Cs / 放射性セシウム含有微粒子 / 放射線生態学 / 東京電力福島第一原子力発電所事故 / 物質循環 / 食物網 / 生物濃縮 / 生態学的半減期 / 移行係数 / 安定同位体比分析 / DNAメタバーコーディング / 森林生態系 / 造網性クモ / 陸生昆虫 / 河川生態系 / 淡水魚 / 水生昆虫
Radionuclide / Radiocesium / 137Cs / Cesium-rich microparticle / Radioecology / Fukushima Dai-ichi Nuclear Power Plant accident / Material cycling / Food web / Bioaccumulation / Ecological half-life / Transfer factor / Stable isotope ratio analysis / DNA metabarcoding / Forest ecosystem / Web-building spider / Terrestrial insect / River ecosystem / Freshwater fish / Aquatic insect

経歴 Education & Research Positions

学位論文 Theses

  • 修士論文
    “Transfer of radiocesium through food webs in forest and river ecosystems”
    (2022年3月)
    社会情報学専攻優秀修士論文賞受賞.
  • 卒業論文
    「二次元三角格子系 Li0.33VS2, CrSe2 における短距離秩序構造の発達」
    (2020年3月)

論文 Papers

  1. Takahiro Tatsuno, Hiromichi Waki, Minato Kakuma, Naoto Nihei, Tsugiko Takase, Toshihiro Wada, Kazuya Yoshimura, Takahiro Nakanishi, Nobuhito Ohte (2023). Effect of radioactive cesium-rich microparticles on radioactive cesium concentration and distribution coefficient in rivers flowing through the watersheds with different contaminated condition in FukushimaJournal of Environmental Management329, 116983.
  2. Takahiro Tatsuno, Hiromichi Waki, Minato Kakuma, Naoto Nihei, Toshihiro Wada, Kazuya Yoshimura, Takahiro Nakanishi, Nobuhito Ohte (2022). Cesium-rich microparticles runoff during rainfall: A case study in the Takase RiverRadiation Protection Dosimetry198(13-15), 1052-1057.

学会等発表 Presentations

  1. “Transfer of radiocesium through food webs in forest and river ecosystems”
    Minato Kakuma, Masashi Murakami, Toshihiro Wada, Nobuhito Ohte
    The 26th IUFRO World Congress (Jun 27, 2024)
  2. 「森林土壌における斜面および鉛直方向の高濃度放射性セシウム含有微粒子の分布」
    辰野宇大, 脇嘉理, 角間海七渡, 二瓶直登, 大手信人
    日本地球惑星科学連合2024年大会 (2024年5月27日)
  3. 「福島県の帰還困難区域内に分布するモクズガニへの放射性セシウムの移行」
    角間海七渡, 和田敏裕, 辰野宇大, 大手信人
    第71回日本生態学会大会 (2024年3月16日)
    ポスター賞最優秀賞 (物質循環) 受賞.
  4. “Distribution of radioactive cesium-rich microparticles in forest soils at difficult-to-return zone”
    Hiromichi Waki, Takahiro Tatsuno, Naoto Nihei, Minato Kakuma, Waka Nagasawa, Yo Sayama, Toshihiro Wada, Masashi Murakami, Nobuhito Ohte
    2023年度ERAN年次報告会/IER第10回成果報告会 (2024年2月29日)
  5. “Distribution of cesium-rich micro-particles in soil on the forest slopes in Fukushima”
    Hiromichi Waki, Takahiro Tatsuno, Naoto Nihei, Minato Kakuma, Waka Nagasawa, Toshihiro Wada, Masashi Murakami, Nobuhito Ohte
    The 7th International Symposium on the System of Radiological Protection (ICRP 2023) (Nov 6, 2023)
  6. “Transfer of artificial radiocesium to freshwater fish through the food webs in Fukushima”
    Minato Kakuma, Toshihiro Wada, Takahiro Tatsuno, Nobuhito Ohte
    International Symposium on Natural and Artificial Radiation Exposures and Radiological Protection Studies (NARE2023) (Sep 21, 2023)
  7. 「福島県森林域における放射性微粒子の土壌内分布」
    辰野宇大, 脇嘉理, 角間海七渡, 二瓶直登, 大手信人
    2023年度農業農村工学会全国大会 (2023年8月30日)
  8. 「福島の節足動物群集における造網性クモへの食物網を介した放射性セシウムの移行」
    角間海七渡, 村上正志, 土居秀幸, 石井伸昌, 大手信人
    第70回日本生態学会大会 (2023年3月18日)
  9. 「食物網を介した放射性セシウム移行の包括的な動態解明」
    角間海七渡, 大手信人
    第17回ICTイノベーション (2023年2月22日)
  10. 「福島県伊達市,双葉郡の未除染森林土壌における高濃度放射性セシウム含有粒子の分布」
    脇嘉理, 辰野宇大, 二瓶直登, 角間海七渡, 長澤和佳, 和田敏裕, 村上正志, 大手信人
    2022年度ERAN年次報告会/IER第9回成果報告会 (2023年2月13日)
  11. 「食物網を介した放射性セシウム移行の総合的な動態解明」
    角間海七渡
    京都大学卓越ワークショップ2022 (2023年1月30日)
  12. 「福島県高瀬川流域の河川水、および森林土壌の放射性セシウム濃度に対する高濃度放射性セシウム含有微粒子の寄与」
    辰野宇大, 長澤和佳, 角間海七渡, 二瓶直登, 村上正志, 中西貴宏, 吉村和也, 大手信人
    第485回生存圏シンポジウム (2022年12月6日)
  13. 「福島県北部の上小国川への放射性微粒子の流入とCs濃度への影響」
    辰野宇大, 脇嘉理, 角間海七渡, 二瓶直登, 和田敏裕, 大手信人
    2022年度農業農村工学会全国大会 (2022年8月31日)
  14. 「福島の森林流域における放射性セシウム含有微粒子の分布」
    脇嘉理, 辰野宇大, 二瓶直登, 角間海七渡, 長澤和佳, 村上正志, 大手信人
    日本地球惑星科学連合2022年大会 (2022年5月23日)
  15. 「福島の河川生態系における食物網を介した放射性セシウムの移行」
    角間海七渡, 村上正志, 二瓶直登, 和田敏裕, 辰野宇大, 大手信人
    第69回日本生態学会大会 (2022年3月14日)
  16. 「福島県上小国集水域における放射性微粒子の動態把握」
    辰野宇大, 角間海七渡, 二瓶直登, 大手信人, 和田敏裕
    2021年度ERAN年次報告会 (2022年2月14日)
  17. “Contribution of CsMP on Cs runoff in the Takase River watershed during a rainfall event in 2021”
    Takahiro Tatsuno, Hiromichi Waki, Minato Kakuma, Naoto Nihei, Nobuhito Ohte
    The Institute for Environmental Sciences’ 30th ANNIVERSARY International Symposium 2021 “Environmental Dynamics of Radionuclides and Biological Effects of Low Dose-Rate Radiation” (Sep 27, 2021)
    Award for the Best Poster.
  18. 「福島の生態系における食物網を介した森林から生活圏への137Csの移行」
    角間海七渡, 村上正志, 二瓶直登, 和田敏裕, 辰野宇大, 川井拓哉, 大手信人
    第68回日本生態学会大会 (2021年3月19日)

採択課題 Projects

  1. 福島大学環境放射能研究所 令和6年度学内プロジェクト (共同研究者)
    「食物網とDNA解析による淡水魚類の放射性セシウム汚染状況の解明」
    2024年7月 – 2025年3月
  2. 放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点 2024年度若手共同研究 (研究代表者)
    「福島の昆虫群集における放射性セシウムの分布と高濃度放射性セシウム含有粒子が及ぼす影響」
    2024年4月 – 2025年3月
  3. 福島大学環境放射能研究所 令和5年度学内プロジェクト (共同研究者)
    「淡水魚類への食物網を介した放射性セシウム移行メカニズムの解明」
    2023年7月 – 2023年3月
  4. 福島大学環境放射能研究所 令和4年度学内プロジェクト (共同研究者)
    「“陸圏・水圏生態系の繋がり”から探る魚類の放射能汚染メカニズムの解明」
    2022年10月 – 2023年3月
  5. 日本学術振興会 科学研究費助成事業 特別研究員奨励費 (研究代表者)
    「森林域から生活圏に生物群集の食物網を介して移行・分散する放射性セシウムの動態解明」
    2022年4月 – 2025年3月
  6. 放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点 2022年度重点共同研究 (共同研究者)
    「福島県伊達市, 双葉郡の未除染森林土壌における高濃度放射性セシウム含有粒子の分布」
    2022年4月 – 2023年3月
  7. 放射能環境動態・影響評価ネットワーク共同研究拠点 2021年度重点共同研究 (共同研究者)
    「福島県上小国集水域における放射性微粒子の動態把握」
    2021年4月 – 2022年3月

所属学会 Membership

連絡先 Contact

〒606-8501
京都市左京区吉田本町 総合研究12号館414号室
京都大学大学院情報学研究科
社会情報学コース 生物圏情報学講座
TEL:075-753-3132
E-mail:kakuma.minato.36r@st.kyoto-u.ac.jp

Laboratory of Biosphere Informatics, Social Informatics Course, Graduate School of Informatics, Kyoto University
#414 Research Bldg. No. 12, Yoshidahonmachi, Sakyo-ku, Kyoto JAPAN
606-8501
TEL:075-753-3132
E-mail:kakuma.minato.36r@st.kyoto-u.ac.jp